炎症を示す手

炎症とは

炎症は、感染または組織損傷に対する身体の反応です。炎症過程では、患部は赤みを帯びて暑くなりますが、これは血流の増加によるものです。また、局所組織への液体浸潤の結果として、腫れと過敏症があり、それによって皮膚の緊張が増加します。

炎症プロセス

局所的な痛みには、身体が生成する特定の化学物質が含まれます。炎症領域内では、免疫系からの細胞(白血球、マクロファージ、リンパ球)の蓄積が起こります。

白血球は損傷した組織を破壊し、マクロファージに信号を送り、マクロファージは抗原と死んだ組織を摂取して消化します。一部の疾患では、このプロセスは破壊的であり、治療は炎症の原因に依存します。